快眠するために必要なこと

夜行バスは格安の料金で旅行することができ、誰もが手軽に利用することができます。新幹線や飛行機のように高額な料金を払うこともなく、車のようにガソリン代や高速代も必要ありません。現在では夜行バスを利用する人が多くなっています。
そこで夜行バスでゆっくり睡眠をとるためのアイディアを紹介します。
100均などで売っている首元に当てる枕とアイマスクを購入します。
首元の枕は頭を固定させてくれるので、どちらか片方に頭を傾けすぎて首が痛くなるといったことがありません。優しく枕が包み込んでくれるので安心して眠ることができます。
もう1つはアイマスクです。アイマスクは寝顔を見られることもなく、視界を暗くしてくれるのでゆっくりと眠ることができます。この2つは快眠するための必須グッズとなります。

隣の人とのわだかまりをなくす

夜行バスでは1人乗りだと相乗りが多々あります。知らない人が隣に座って、1日を過ごすのは結構ストレスが溜まりやすいものです。そのストレスを少しでも軽減するためには、ある程度隣の人と話しておかないといけません。 電気消灯時に相手に、「寄りかかってしまったらすみません。」、「いびきがうるさかったらすみません。」など自分から言うことで相手にも意識してもらうことができます。 意識することで、寄りかかられることも少なくなり、いびきも少しは軽減します。 それでも寄りかかられる場合は、サービスエリアなどですみません、と声をかけ一度退出するとよいでしょう。相手が目を覚まし罪悪感を持つため、身体が近づくことはなくなるでしょう。