眠れない時のおすすめの過ごし方

夜行バスに乗る場合、旅行前日に興奮しても寝られない人が多いように、特に行きのバスにおいては高揚感で寝付けない人が多めといわれています。ただし、何かしながら寝不足のまま朝を迎えると、体調を崩して朝方から車酔いをしてしまう場合があります。また、現地の慣れない気候の中、体調を崩してせっかくの旅行を台無しにしてしまう場合もあります。そのため、寝られなくても目をつぶってリラックスした状態で瞑想しているだけでもだいぶ疲れは取れるといわれますので、夜間に関しては何もせずにアイマスクをして寝ている状態に近くして過ごすことをお勧めします。そして、どうしても音楽が聴きたい場合はハードな音楽ではなく、ヒーリング系の音楽をおすすめします。何もせずに何時間も瞑想する機会はなかなかあるものではありませんので、自身の夢や目標、人生設計などを整理してみると、良い人生のヒントが思いがけず見つかる可能性もあります。

眠れないからといって避けたいこと

4列バスや仕切りなしの3列バスとなると少し話が変わってきますが、近年増えてきている前後左右の仕切りがある3列バスですと、だいぶ席で深夜に出来ることの選択肢が増えます。しかし、前述通り、眠らずに(休まずに)そのまま朝を迎えると朝に車酔いしてしまう場合や現地で体調を崩してしまう可能性があります。そんな中、特に避けたほうがいいのは、スマートフォンを使い、完全に脳が覚醒した状態になってしまうゲームをしたり、交際相手や親友とSNSにて文字で会話をするようなことです。その他、読書に関してもタブレットやフロントライト付きの電子ペーパー端末があれば暗い中でも本を読めるようになっていますが、特に小説などは熱中すると脳が覚醒した状態になってしまいますのでおすすめできません。どうしてもヒマで仕方ない場合は、アイマスクをしヒーリング系音楽を聴いたりラジオを聴いたりするだけに留めておくことをお勧めします。